今後需要が増えると思われる保育士への転職をするなら保育士BANKというサービスがいいですよ

職業はいろいろとあります。そこで、今回は保育士について書いていきたいと思います。なぜ保育士についてブログを書こうと思ったかというと、女性の社会進出が進んできており、保育士の需要が増えてくると思ったからです。

保育士は多くの子供の世話をしないといけない仕事であり、とても大変な仕事です。保育士の仕事は子供の動きを常に見ておかないといけないので、気疲れする人も多いと思います。しかし、子供に教育したり、子供の成長を見ることができるので、有意義な仕事であることも事実です。

そのため、子供の世話が大好きで、保育士になりたいという人は、一度保育士の職に就くことを考えてもいいかもしれません。現在、保育士は人材不足の状態なので、他の一般的な仕事よりも頑張れば転職しやすいと思います。しかしながら、保育士の仕事の内容をよく理解したうえで、実際に保育士の仕事をするかどうか真剣に考えるべきです。

保育士の求人を探すのには、保育士BANKという求人サービスを利用するのがよいです。なぜなら、保育士BANKは日本最大級の求人数であり、さらに、就職の支援をしてくれたり、いろいろな相談にものってくれます。ですので、保育士BANKは、あなたの保育士転職活動を行う上でとても役にたつサービスだと思います。

転職のために添削サービスを活用

転職活動をするとなると、就職時とは違う書類が求められる事がしばしばあります。その1つは職務経歴書ですね。転職活動が未経験の方にとっては、聞き慣れない書類の1つです。

ところで企業は、もちろん応募者を書類で選んでいる事が多々あります。いわゆる書類選考ですね。1段階目では書類で判断される事が多く、それにパスをしていれば2段階目の面接に進むというケースが多いです。ですが職務経歴書は、かなり重要度が高い書類です。

その書類を作るのであれば、やはりどこかの紹介会社に登録をする方が良いでしょう。というのもそのような会社では、しばしば添削サービスを提供しているからです。転職希望者は、まず紹介会社に対してWEB媒体でその経歴書を提出します。すると紹介会社の担当者が、その経歴書の問題点などを色々チェックしてくれる訳です。

書類というのは、自分一人でチェックするのがなかなか難しい一面があります。誰かの客観的な意見が必要になる事もしばしばありますね。それを考慮すれば、やはり紹介会社のチェックサービスはメリットが大きいでしょう。

転職活動のポイントについて

転職を決断するに至っては、いろいろ悩んだり、考えたりするものです。転職する理由は人それぞれ異なりますが、転職すると決めたからには、次の転職先の会社は、前の会社を辞めた理由や問題点を補う会社で無ければなりません。辞めた理由や問題点がまた転職先で発生したら、また新たな転職先を探さなければならないからです。

また、転職する前に今の会社の在籍期間が一年未満の場合は、踏ん張って最低一年間は在籍することをオススメします。在籍期間が一年未満の場合ですと、次の転職活動の書類選考や面接で、転職先の会社に「この人は嫌なことや自分に都合が悪いことがあったら、すぐ会社を辞めてしまう人かな?」といったマイナスの印象を与えてしまうことがあるからです。

一年が経つまでは、自分が何を求めていて、次の転職先では何をしたいかを明確にし、次の転職先の会社をじっくり探す期間に充てた方が良いです。また、転職活動の面接で必ずと言って良い程、「前の会社を辞めた理由」を質問されます。その際に、前の会社の不満を言うのは、出来るだけ避けましょう。

中年層の転職は非常に難しい

転職をするということは、今ある安定を捨てて一から新たに出直すということでもあります。若いうちは色々な仕事を経験するのも良いかも知れませんが、30代、40代と年齢を重ねていくと転職をしたくても出来ないという事情が生まれてきます。

この数十年で日本人の寿命も延び、60歳を超えても若々しく元気に働いている人が非常に増えました。しかし社会は一向に何も変わっておらず、仕事において戦力だと考えられているのは10代~20代の若い世代のみです。

実際、30代になると求人は激減しますし40代ではもはや仕事を探すのも大変なくらいです。確かに30代~40代の人を雇用するとなると、それなりの給与を支払わなければいけないということが雇用をしない原因の一つでしょう。

出来るだけ人件費は抑えたい会社と、天職や就職を行いたい30代以上の人材、どこか落としどころがあればもっと雇用は増えるでしょうし、若い世代にはないスキルを30代以上の人は持っている場合が多いので、もっと中年層が転職や就職のし易い社会になれば良いなと感じています。

就活における親の存在

近年、親の参入が就活で目立っています。親として今まで苦労して育ててきた子供がどの企業に行くのか気になる所ではありますが、親の中には子供の就活を逆に不利にさせている事があります。

なぜ親の介入が子供を不利にさせるのか。それは親自身直接就活に参加する事が出来ないからです。親が精々できる事は家の中でESを作成する、模擬面接を行うなどであり、実際に面接に赴き、面接の雰囲気を感じて理解出来ない立場にある。その為、親は面接での雰囲気を予想して就活に取り組む必要があるが、これが意外と的外れな予想をしている場合があります。

大手や福利厚生の整った企業に入社させたい意欲が強いあまり、面接では過去どんな成果を上げていたかについて語らせるよう勧める親がいます。近年の面接では入社して直ぐ辞める人多くおり、辞められる人の中には実力があるが故に辞めていく人がいます。

その為、面接では過去の実績が高くても決してほしい人材として捉えず、弊社に志望する理由について語ってくれる人を欲している状態でした。これにより、向こうの求めている人材と親が言ってくる言い分が合わず、面接で成果が上がらないパターンがある為、大手の志望が強いあまり逆に子供を不利にさせてしまうパターンがあります。

転職して思う事

前に働いていたのは重い荷物を背負っての外回りの仕事でした。外回りというのはきついもので、雨でも雪でも、真夏の炎天下でも歩きまわらなければならないのです。一日に決められた仕事が終わるまでは、一人で黙々と歩いて作業をしていかなくてはなりませんでした。

外回りの仕事は、もちろん報酬が一般的な仕事より高額でしたが、一人で行動する不安感や、トイレがない地域があって精神的に疲れてしまいます。

なんとか転職をしたいと思い続けて5年も経ってしまいました。転職したかった理由は、毎日同じ場所へ行って、屋根のある所で安心して働きたいという事です。決して贅沢な望みではないと思うのです。探した甲斐があり、パートですが働けることになりました。収入は四分の一に減りましたが、安心して働ける会社なので満足しています。

転職は簡単な事ではありません。生活がかかっていれば、なお更です。一番大切な事は、安全で働ける事です。体も気持ちも苦痛なく働ける事が大事だと思います。

退職の条件

転職するためには、まず現勤務先を退職しなければなりません。

当たり前の事ですが、これが意外ともめることがあります。企業によって、また職種や産業分野によっていろいろな退職の条件があるようです。特に有期雇用契約の契約期間中の中途で退職する場合の条項には、「退職日より30日前までに退職の申し出があること、または後継者への引継ぎが完了したとき」と記載されていることがあります。30日前という意味はよく理解できるのですが、引継ぎ完了という一文がひっかかるのです。

後継者を指定し業務の必要な引継ぎを図るのはあくまでも企業側の責任であるはずなのに、ちょうどいい後継者が一時的にいないという理由で引継ぎがうまくはかどらなければ、退職日の延期を検討することになります。

しかし転職先が決まっていて、就業開始日も決まっている場合はそうもいきません。結局悩み苦しむのは勤労者側なので、早めの申し出や、日頃から退職によいタイミングを心がけることをお薦めいたします。